ホウ酸ガラスによる原子力発電所事故由来の放射性廃棄物固化に関する基礎研究

石井健治さん

東日本大震災にともなう原発事故からも明らかであるように、原子力発電は、濃縮廃液および廃吸着材などの放射性廃棄物の処理処分方法が問題となっている。

石井さんは、ホウ酸ガラスによる放射性廃棄物処理に着目し、ホウ酸ガラスの作製条件の最適化および、ホウ酸ガラスによる廃吸着材の一体固化の基礎検討を目的とし研究を行った。

放射性廃液からセシウムを除去するために用いた吸着材を、廃液由来の成分より作製したホウ酸ガラスを用いて固定化することにより、廃棄物の減容化を提案。

SEM(走査型電子顕微鏡)、EDS(エネルギー分散型X線分析装置)などをつかって分析を行った結果、ホウ酸ガラスによる廃吸着材の固定化の可能性が示唆された。

石井さんは「今後は、固定化を行った試料の耐水性や実廃棄物への適応性などを検討し、福島第一原子力発電所で発生している廃棄物の処理につなげていきたい」と、話している。

<指導教員:新井剛准教授(材料工学科)>