BIM/ICTの利活用による《『ふるまい』が誘発される環境(建築)》の創造

コンペに出場した芝浦工業大学チーム
コンペに出場した芝浦工業大学チーム
作品パース
作品パース

環境システム学科の建築設計情報研究室では、コンピュータを利活用した建築設計手法の開発・実践に取り組んでいる。
今回参加した建築設計競技は、与えられた課題(石垣島の活性化)に対し、100時間という限られた時間の中でBIM/ICT*1*2を利活用した建築設計を行うものである。企業・大学から多くのチームがエントリーし、芝浦工大からは学科を超えて『カラスミ』、『コノハズク』の2チーム・総勢22名が参加した。

チーム『コノハズク』は、遠隔の地である「石垣島」という地に対して説明責任を果たしうる建築設計を目指した。
設計者の イメージ・既成の用途・機能から設計するのではなく、石垣島固有の風土、文化から生まれた人の活動である《『ふるまい』が誘発される環境》をBIM/ICTツールによるシミュレーションを繰り返し行うことによって創造するという設計プロセスを構築。島民ののんびりとした生活による健やかな『島時間』を島外から訪れた人に伝えることのできる環境を建築によって創造した。

チームのメンバーは「建築設計というものが作られる上流においてコンピュータを利活用するBIM/ICTの有効性と、そのプロセスをさらに発展させ、これからの建築設計のあり方、更には建築業界のものがつくられていくプロセスを変革させていきたいです」と今回の成果を話した。

※1 BIM:Building Information Modeling…建築物を、3次元モデルとしてコンピュータ上に構築し、建築設計から施工までのプロセスにおいて活用する技術・手法
※2 ICT:Information and Communications Technology:情報通信技術





チーム『コノハズク』
荻野 克眞(建設工学専攻2年)、松原 輝(建設工学専攻2年)、渡部 真也(建設工学専攻2年)、奥野 耀亮(建設工学専攻1年)、佐藤 友香(建設工学専攻1年)、橋口 拡昌(建設工学専攻1年)、牟田 万里奈(建設工学専攻1年)、鈴木 海(建設工学専攻1年)、
清水 望実(建築学科4年)、田中 敬之(環境システム学科4年)、成塚 翔太(建築学科4年)、溝口 頌悟 (環境システム学科4年)

<本プロジェクト指導教員:澤田英行 教授(環境システム学科)、衣袋洋一名誉教授>
<建築学科指導教員:堀越英嗣 教授>