「とちぎデザイン・スクエア」

中野さんの所属する建築設計情報研究室ではBIM*1によって設計の高度化を図っている。本コンペティションはBIMソフトウェアである「ArchiCAD」を使用し、24時間以内に与えられた課題をクリアすることを求められるものである。

中野さんは、今回のコンペで初めて使用する「ArchiCAD」という3次元オブジェクトCADが、利用者の視点に立てること、また、設計プロセスを同一画面上に残しながら設計の高度化を図れる点が従来の設計と異なることに着目した。これにより、実際に利用者の視点に立ちながら設計に対する評価を繰り返すことができたという。

中野さんは見事コンペで佳作を受賞し「(BIM/ICT)※2のツールが多様化する中で、ソフトウェアの特性を活かし、更に多角的な視点からプロセスを歩むことで設計を高度化できるようになりたい」と話した。

※1 BIM:Building Information Modeling…建築物を、3次元モデルとしてコンピュータ上に構築し、建築設計から施工までのプロセスにおいて活用する技術・手法
※2 ICT:Information and Communications Technology:情報通信技術

<指導教員:澤田英行 教授(環境システム学科)、衣袋洋一 名誉教授>