HEV用デュアルロータアキシャルギャップPMVMの設計

小久保陽平さん

小久保さんは研究でHEV(ハイブリッド自動車)用駆動モータの市街地走行や発進・加速時等の頻繁に使用する低速域での効率向上を目的として、低速大トルク特性を持つ永久磁石バーニアモータを適用した。

具体的には、円盤状の回転子と固定子が軸方向に対向するアキシャル構造と回転子を2つ持つデュアルロータ構造を組み合わせて、永久磁石バーニアモータの欠点の一つであるトルクの飽和を改善した。

受賞に至った理由について小久保さんは「珍しい構造のモータなので多くの方に興味を持って頂いたことと、教授や研究室のメンバーのご指導ご協力があっての受賞だと思います」と話した。

<指導教員:下村 昭二教授(電気工学科)>