加速度センサを用いた動作分離型高精度個人認証手法

紺野正文さん

紺野さんは、手打ち式のパスワード認証に代わる認証法の一つとして、人の手振りによるジェスチャの癖をパスワードとする認証法の認証精度向上を図る研究を行っている。

登録してあるジェスチャの加速度データと入力データがどれほど似ているかを見る際に、データを等分割したのち、そのブロック毎に似ているかを判断することによって、より正確にユーザが登録者なのか、成りすましなのか判断できるものである。

紺野さんは「この研究を実用化するための課題がいくつかあるので、一つ一つ解決していきたいです」と話している。

<指導教員:上岡英史 教授(通信工学科)>