手首装着型加速度センサを用いたエアキーボード実現手法

冨永修平さん

 富永さんは、本学会において、手首に加速度センサを搭載した腕時計を着けるだけで、何もない場所でも文字を入力できる「エアキーボード」を実現する手法を提案し、発表奨励賞を受賞した。
 

富永さんの技術を応用することにより、いつでもどこでも、従来のキーボードを必要とせず、従来のキーボードのように文字入力を行うことが可能となる。今回の成果として「今後、従来のキーボードに替わる入力デバイスとして使われるよう、さらに改良を重ねていきたい」と話している。
 

<指導教員:上岡英史 教授(通信工学科)>