「頭髪の画像解析-毛根抽出-」

小林諒平さん

人の頭髪における毛髪密度(単位面積あたりの毛髪本数)を自動的に計測するシステムの実現を目的とし、小林さんは頭髪の撮影画像から毛根の位置を自動的に抽出する手法の研究を行った。

被験者から得た頭髪の撮影画像に対し、毛髪と頭皮を黒と白の二色に分ける処理を施す。これにより得られた画像から毛髪の末端部分を見つけ出し、さらにそれが正しい毛根であるか判断する処理を行った。その結果多くの毛根を正しく認識することに成功したという。

このシステムが実現すれば、日常で頭髪状態を定量的に知ることができる。これは特に頭髪に悩みのある方にとって有用な研究である。

<指導教員:高橋正信 教授(電子情報システム学科)>