放射性廃棄物固化に用いるホウ酸ガラスの耐水向上性に関する基礎研究

福島原子力発電所での事故により多量の放射性汚染水が発生した。鈴木さんは、汚染水の新規固化技術として「ホウ酸ガラスによる固化」に着目したが、ホウ酸ガラスは耐水性に課題を残していることから、ホウ酸ガラスの耐水性向上を目的とした研究を行った。その結果、ホウ酸ガラスに酸化亜鉛を添加することで、過去に作製されたホウ酸ガラスと比べ著しい耐水性の向上が確認された。

研究の展望について鈴木さんは「本研究はまだ基礎研究段階であるので、今後は実際の作製プロセスの検討や実廃液に対する適応性の検討などを行い、福島第一原子力発電所で発生した放射性汚染水処理につながるような研究を行いたい」と話した。

<指導教員:新井 剛 准教授(材料工学科)>