マイナーアクチノイド分離回収プロセスに用いる新規吸着材の開発に関する研究

大野さんが所属する新エネルギー材料科学研究室では、原子炉由来の放射性廃液に含まれる元素を分離・回収する際に用いる吸着材の開発を行っている。その中でも、高レベル放射性廃液に含まれるマイナーアクチノイドの分離回収プロセスを開発するため、新規吸着材の開発に取り組んだ。

「抽出クロマトグラフィ法」によるマイナーアクチノイド分離回収プロセスを実現するには新規吸着材の開発が必要で、大野さんは抽出剤を混ぜ合わせることで吸着性能を向上させた吸着材の最適化を目指した。そこでCMPOおよびHDEHPという2つの抽出剤に着目し、さまざまな実験の結果、割合をモル比で2:1とするのが適していると確認された。

受賞について大野さんは「さらに詳しく検討して新規吸着材の最適化を目指し、今後の分離・回収技術発展に寄与したいです」と話した。

<指導教員:新井剛准教授(材料工学科)>