伊藤 麻央さん(システム理工学専攻1年)がThe 6th International Conference on Food Factorsにおいて第20回JSoFF Young Investigator Award (ICoFF2015) を受賞しました。
なお本国際学会は、2015年11月に韓国にて開催されたものです。

  【受賞者】  伊藤 麻央さん(システム理工学専攻1年)

【指導教員】 越阪部 奈緒美教授(生命科学科)

【発表題目】 「Flavan 3-ols retarded of disuse atrophy by hindlimb suspension in mice」
(Flavan 3-olsの廃用性筋萎縮抑制効果の検証)

【受賞内容】 介護や要支援が必要となる「ロコモティブシンドローム」を誘発する運動器疾患のひとつである筋萎縮の抑制にポリフェノールであるFlavan3-olsが有効だと考え、その抑制作用やメカニズムを検証した。高齢化が進みロコモティブシンドローム罹患者の増加も見込まれるため、今後食品を通じてそれらを予防できる可能性を検証していく。