芝浦工業大学は、2017年4月に「工学部 建築学科」「工学部 建築工学科」「デザイン工学部 デザイン工学科(建築・空間デザイン領域)」の2学科1領域を統合・再編し「建築学部 建築学科」の開設を予定しています。

建築学部として1学部1学科3コース制を取り、「工学」「建築デザイン」「幅広い教養」の横断的融合による建築教育を実践することで、豊かな建築・都市空間を創造する力を持った、多様な価値観の時代に対応できる人材を養成します。
芝浦工業大学は、創立100周年を迎える2027年に“理工系私学のトップ”になる目標を掲げており、その実現のための大学戦略の一環として「芝浦建築の歴史と伝統」を継承し、未来につながる新しい建築教育を展開していきます。



芝浦工業大学 建築学部 建築学科(平成29年4月開設予定・設置構想中)

1学科3コース制

(1)空間・建築デザインコース
略称[SA]=Space and Architectural Design Course
(2)都市・建築デザインコース
略称[UA]=Urban and Architectural Design Course
(3)先進的プロジェクトデザインコース
略称[AP]=Advanced Project Design Course
修業年限: 4年
取得学位: 学士(建築学) Bachelor of Architecture
募集定員: 240名(予定)
開設場所: 豊洲キャンパス(1~4年次/大学院)


※学部学科の概要は予定であり、変更となる場合があります。


 

建築学部の特色

3コース制の特色ある教育

建築を中心にインテリアからまちづくりまで総合的な視点から豊かな生活環境をデザインする「空間・建築デザインコース」、単体の建築から都市空間まで21世紀の建築と都市をデザインする「都市・建築デザインコース」、多様な価値観と国際的な知見で柔軟な社会を創造する「先進的プロジェクトデザインコース」の3コースを設け、コースごとの特色を明確にします。また、特に「先進的プロジェクトデザインコース」では大学院までの一貫教育を見据えた教育を行います。

きめ細やかな教育

学生の向学心に応じたきめ細やかな教育を行います。コース制を取りながらも、4年次にはコースを越えた約30の研究室より選択が可能となります。また、特色ある建築分野を専門とする約30人の専門教員の授業を自由に選択することで、自身の専門分野に加えて他分野の幅広い知識の習得が可能となります。

芝浦工大初「豊洲キャンパス」での4年間一貫教育

建築学部は本学初の豊洲キャンパスでの都心一貫教育となります。開発が急速に進むベイエリア地区「豊洲」から、運河を越えればそこには門前仲町や月島など伝統的な懐かしい面影を残す街並みが広がります。歴史と先進性が共存し、多くの建築的研究テーマを発見できる「豊洲」というフィールドで幅広い知識と感性を養います。


その他、詳細につきましては2016年4月以降に改めてお知らせいたします。

2学科1領域が統合・再編され「建築学部」が新たに誕生します
2学科1領域が統合・再編され「建築学部」が新たに誕生します

お問い合わせ先

芝浦工業大学
建築学部
開設準備室

〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5(豊洲キャンパス 研究棟7階)
TEL:03-5859-7890
E-mail:coa-jyunbi@ow.shibaura-it.ac.jp