駒田 諒さん(材料工学科4年)が日本原子力学会関東・甲越支部第9回学生研究発表会において奨励賞を受賞しました。

【受賞者】駒田 諒さん(材料工学科4年)

【指導教員】新井 剛 准教授(材料工学科)

【発表題目】無機-有機複合型両性イオン交換体を用いた炉心冷却水中に含まれる微量核種の吸着除去技術の基礎研究

【発表内容】東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い発生した放射性排水は多核種除去設備(ALPS)により処理され、循環冷却されている。このALPSの処理性能評価のために分析前処理として核元素の分離が必要とされている。
本研究では、無機-有機複合型両性イオン交換体(SAIX)を用いたイオン交換法により、処理水に含まれる元素の一つであるカドミウム(Cd)を効率的に分離させる方法を検討した。今後は分離対象の元素を増やし、イオン交換法の適用可能性を確かめる実験を重ねていく。