薄井 茜さん(材料工学科4年)が日本原子力学会関東・甲越支部第9回学生研究発表会において奨励賞を受賞しました。

【受賞者】薄井 茜(材料工学科4年)

【指導教員】新井 剛 准教授(材料工学科)

【発表題目】ホウ酸系ガラス溶融時における無機吸着材の揮発性核種の移行挙動の基礎研究

【発表内容】東京電力福島第一原子力発電所の事故をきっかけに、放射能汚染水処理に伴い使用済吸着材(ゼオライト等)が多量に発生しており、これらの安全かつ有効な処理方法を見つけることが早急に求められている。
本研究では、汚染水由来の成分を主骨格にしたホウ酸系ガラスを用いてゼオライトを固定化する固化処理を提案し、検証を行った。
ホウ酸系ガラスとゼオライトを溶融させることにより大幅な減容が期待される。