山中 大樹さん(材料工学専攻1年)が日本原子力学会関東・甲越支部第9回学生研究発表会において奨励賞を受賞しました。

 

【受賞者】山中 大樹さん(材料工学専攻1年)

【指導教員】新井 剛 准教授(材料工学科)

【発表題目】リン酸マグネシウムセメントによる低放射性廃液固化の最適化に関する研究

【発表内容】原子力発電所が稼働することにより発生する放射性廃棄物には、処理・処分方法がいまだ検討段階であるものが多い。本研究では、使用済核燃料再処理によって発生する低レベル放射性廃液を固定化するための最適な条件を調査することを目的とした。過去に新井研究室で行った「反応遅延剤としてのリン酸二水素カリウムの添加」と「硬化材である酸化マグネシウムの粒径選定」の二つの実験の要素を複合して行い、放射性廃棄物の固化に最適な条件と作製した固化体の性状・性能を評価した。