柴田 愛さん(応用化学科4年)が分離技術会年会2016においてマイクロトラック・ベル賞を受賞しました。

【受賞者】柴田 愛さん(応用化学科4年)

【指導教員】野村 幹弘 教授(応用化学科)

【発表題目】対抗拡散CVD法による水素分離用シリカ複合膜の開発

【発表内容】環境に配慮した水素エネルギー社会の実現に向けて、水素製造方法の熱効率の向上が求められている。そこで、水素分離用のシリカ膜の開発および実用化に向けた検討を行った。研究室では、有機官能基をシリカ骨格に導入することで、膜の細孔径を制御している。その有機官能基を変えて、水素分離用に適している膜を作製し、実用化に向けて膜を大きくしたときの製膜条件を検討した。