薄井 茜 さん(材料工学専攻1年)が日本原子力学会 関東・甲越支部 第10回学生研究発表会で奨励賞を受賞しました。

【受賞者】薄井 茜 さん(材料工学専攻1年)
【指導教員】新井 剛 准教授(材料工学科)
【発表題目】「ホウ酸塩ガラス中における使用済無機吸着材の再結晶に関する基礎研究」

東京電力福島第一原子力発電所の事故をきっかけに、汚染水処理に伴い使用済吸着材(ゼオライト等)が多量に発生しており、これらの処理方法を見つけることが早急に求められている。
本研究では、汚染水由来の成分を主骨格にしたホウ酸塩ガラスを用いてゼオライトを固定化する固化処理の検討を行った。ホウ酸塩ガラスとセシウムを吸着させたゼオライトを溶融することでガラス固化体試料を作製し、作製時におけるゼオライトの結晶を検証した。ホウ酸塩ガラスとゼオライトを溶融させることにより廃棄体の減容が期待される。

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に向けた大きな課題の一つである放射性廃棄物の処理方法の確立に役立てるように、放射性核種をより安定に固定化することと、さらなる減容を目指して今後も研究を行う。