植田 聖さんと澤野 凪佐さん(ともに電気電子情報工学専攻2年)が、「廃炉のためのロボット技術コンペ」で奨励賞を受賞しました。

【受賞者】植田 聖 さん、澤野 凪佐 さん(電気電子情報工学専攻2年)
【指導教員】安孫子 聡子 准教授(電気工学科)
【発表題目】ヘビ型ロボットによる狭隘空間、水中の移動および弾丸燃料デブリ粉砕吸引回収

福島廃炉対策において、内部に存在する燃料デブリの取り出しのための内部調査技術への新たな技法やアイデアの提案が求められている。本研究では、多数のユニットを持つヘビ型ロボットによって狭い空間を移動し、燃料デブリがあると想定される場所に対して、弾丸によりデブリを粉砕し、吸引する燃料デブリのサンプリング方法を提案した。

現在はコンペのためのアイデア提案段階だが、今後、国内外でさまざまな燃料デブリのサンプリング方法が試され、ロボット技術による廃炉作業の達成が期待される。