伊東 優貴 さん(システム理工学専攻1年)が日本ビタミン学会第69回大会において学生優秀発表賞を受賞しました。

【受賞者】伊東 優貴 さん(システム理工学専攻1年)
【指導教員】須原 義智 教授(生命科学科)
【発表題目】ビタミンK結合タンパク質の解明を目指した新規蛍光プローブの合成

ビタミンKは、血液凝固や骨形成に関わるなど、生体において重要な作用を有する栄養素である。最近になって、ビタミンK には脳の神経細胞を作り出すなど、これまでに知られていない様々な作用があることが明らとなった。しかし、どのようなメカニズムでそれらの作用が起こるのかは解明されていない。そこで、ビタミンK自身に蛍光を持たせた化合物を合成して、作用メカニズムを調べるためのツールとする研究を行った。

蛍光物質を結合させたビタミンKを培養細胞へ添加すると、細胞内でビタミンKと結合したタンパク質に蛍光物質が移り、結合タンパク質のみを光らせることに成功した。

今回合成した化合物の有用性が確認された。今後はこの手法を応用し、ビタミンKの新たな作用に関係するタンパク質を明らかにする予定である。