5月20日、大宮祭の同日、大宮キャンパス グローバルラーニングコモンズで、TOEIC成績上位者の表彰式が行われました。

芝浦工業大学では、TOEIC受験サポートや学習支援を行い、スコア上位者には表彰を行っています。

今年はスコア900点以上の学長賞に17名、850点以上の学長奨励賞に28名、700点以上の優秀賞に53名、550点以上の達成賞に335名が選ばれ、表彰式当日は約70名(保護者含む)が集まり、各賞を代表する4名がスピーチを行いました。

代表者が留学生の場合は母国語、英語、日本語で、日本人学生の場合は英語、日本語で行うスピーチに挑戦しました。
スピーチでは各代表者が英語上達のために日々行っている事や、これからの目標を発表し出席者からも大きな拍手が送られました。
代表者からは「ミスを恐れないで英語をできるだけ使うようにした」ことや、「社会人になっても英語は必要なのでもっと上達したい」というコメントがありました。
特に日々の生活でも英語と日本語を使う留学生からは、「英語を”勉強”するより外国人とコミュニケーションを取るために日常的に使う事が上達の秘訣。教科書を使った勉強だけにとらわれず、積極的に留学を勧めたい」というアドバイスも語られました。

表彰式の様子
表彰式の様子
代表者の4名(左より、各賞代表として表彰状を授与したChristopher Danielさん(インドネシア留学生 電子工学科1年)、小泉 晶義さん(電気工学科1年  )、守田優副学長、張 星陽さん(中国留学生 機械工学科1年)、鳥居 昭吾さん(情報工学科1年)
代表者の4名(左より、各賞代表として表彰状を授与したChristopher Danielさん(インドネシア留学生 電子工学科1年)、小泉 晶義さん(電気工学科1年)、守田優副学長、張 星陽さん(中国留学生 機械工学科1年)、鳥居 昭吾さん(情報工学科1年)

表彰式終了後には、留学生のサポートを受けながらグループディスカッションも実施。テーマは「Why English is important to you?」。
チームに分かれ、メンバーが出す意見や個人の体験談を交えグループの代表者によるプレゼンテーションも行われました。

グループディスカッションの様子
グループディスカッションの様子
グループディスカッションをサポートした留学生メンバー
グループディスカッションをサポートした留学生メンバー

また最後に留学生が中心となって交流を深める懇親会も開催され、在学生だけでなく大宮祭に参加したご家族や地域の方々と触れ合う場にもなりました。

芝浦工業大学では、留学生との交流を始め、短期語学留学や海外留学など英語に触れる機会を多く創っています。TOEICで培われた英語力を使って海外へ一歩踏み出すことが期待されます。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
国際部

〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5(豊洲キャンパス 教室棟2階)
TEL:03-5859-7140/FAX:03-5859-7141
E-mail:kokusai@ow.shibaura-it.ac.jp